黒鉄三七
『宇宙は人間の心のままと申してあらうが
宇宙は未完成のものと申してあらうが
永遠に未完成であり弥栄であるぞ
其処に生命あり喜びあるのぢゃ』

宇宙は未完成であり
永遠に未完成であり
其処に生命があり喜びとなり弥栄する

其れはまた人の心も同じである

完成と云ふのは終焉であり真の死である
それ以上は変化変容しないし発展しない事であるから

人も宇宙も永遠に未完成であると云ふ事は
永遠に真の死はないと云ふ事でもある

恐らく一義的にはこれでよいのだらう



しかし…
面白い事に其の未完成は同時に完成してもゐる
宮澤賢治曰く「永久の未完成これ完成である」

生は死と共にあり
有は無と共にあり
未完成は完成と共にある

と云ふよりも寧ろ

生は死の中にあり
有は無の中にあり
未完成は完成の中にあり
変容は不変の中にある

と云った方が適切なやうな気がする

黒鉄三七
『大神の中で宇宙はなりなりてゐるのであるからナリ永遠になるのであるぞ
不変の中に千変万化自由自在の存在を与へてあるのぢゃ』

だから真の死は無いとも云へるが
今此処にあるとも云へる
恐らくは私らの死の印象は何処かズレてゐる



IMG_3580